中国の風景

中国商品仕入れのための輸入代行業者を活用しよう

中国の陶器

海外からの仕入れに輸入代行業者を使う場合、その国の言葉や商慣習を知らなくても商品を仕入れられるメリットがあります。中国輸入代行業者を利用した場合のメリットも同様で、近くて遠い中国からの商品輸入を成功させるうえで役立ちます。日本人は英語は勉強するので、英語なら大丈夫な人がいますが、中国語は学校の必修ではないのでわからない人も多いでしょう。一から勉強していては買い付けと仕入れに間に合いませんから、輸入代行業者を使うのが手っ取り早いです。
リスクをなるべく少なくして輸入ビジネスをしたい場合に活用すべき輸入代行業者は、まずは手数料が低いことです。手数料分が高ければせっかく安く仕入れても高くなってしまうので、なかなか利益につながりません。
そして、自分で在庫を持たなくても販売できる仕組みを構築している業者はおすすめです。仕入れて売れなければ損失が発生しますし、何よりスペースの都合上、倉庫を借りなければなりません。これもまたコスト高騰につながります。中国輸入代行業者の中には、代わりに保管や発送をサポートしてくれて、無在庫販売を手助けしてくれるところもあるので、なるべくリスクを抑えて取引したい方はそのような業者を選びましょう。

信頼性の高い輸入代行業者を選んで中国商品仕入れを行おう

中国から買い付けと仕入れを行って販売する中国輸入ビジネスは、日本でも個人から法人まで広く行っています。中国が輸入先から選ばれているのは原価が安い商品を仕入れられるからですが、商慣習は日本とは違うので、不良品が届いても返品に応じてもらえないといったトラブルが起きることがあります。そうした被害を防ぐためには、中国輸入代行業者を利用しましょう。中国輸入代行業者は、商品を検品して、問題があれば取引先と交渉してきちんとクレーム対応をしてくれますので、依頼者に問題のある商品がそのまま届くことはありません。中国語がわからないとクレームを出すのも大変ですが、そうした対応をまったく考えずに、中国から仕入れられるようになります。
ただし、きちんと対応してくれる中国輸入代行業者を選ぶのが前提です。中国輸入代行業者もピンキリで、単に商品を仕入れる手続きを代行して終わりなだけのところもあるからです。手数料の安さだけで選んだ場合に失敗する可能性があるため、信頼性を基準に選びましょう。信頼性の高い業者を利用しておけば、仮に多少手数料が高くてもトラブル回避につながり、長い目線でビジネスパートナーとして付き合っていくことができ、商売もうまくいくようになります。

中国ビジネスを展開するなら輸入代行サービスで仕入れよう

最近では個人でもECサイトを運営して、商品の仕入れや販売を行っている方が増えています。日本での商売がある程度うまくいったら、今度は中国などのアジア諸国や海外展開を目指しておられる方も多い事でしょう。これから自社サイトを、中国などの海外に大きく展開していきたいと考えておられる方は、ぜひ中国輸入代行業者を利用してください。現地で商売を展開していくためには、買い付けと仕入れなどの作業が必要になりますが、それらも現地スタッフが全て代行してくれます。中国でのビジネス展開に興味はあるけれども、言語が分からないから断念してしまっていたという方は、ぜひ中国輸入代行業者の利用を検討してみてください。日本では自分たちで何でも進んで行っていたことも、現地では輸入代行業者が効率よく仕入れなどをこなしてくれます。現地でのビジネスの経験が全くなくても、ノウハウなど何も分からなくても、輸入代行業者に依頼すれば最適な方法で海外展開を助けてくれます。今手掛けている商売やビジネスを大きく海外にはばたかせるには、やはり輸入代行業者を賢く活用することが一番の近道です。業者によってシステムやメリットも違いますので、一度いくつかの業者の資料を取り寄せて比較検討してみてください。

まずオススメしたいのが「株式会社BANRI」です。こちらでは独自開発したシステムでサポートしており、自社物流「BANRI通運」という物流会社を持ち、ローコストで商品の輸出、輸入や仕入れなど全般サービスを展開しています。6年間の運営実績という確実なものがあるため、安心できます。中国で仕入れをされる時はぜひ一度『BANRI』をご覧ください。

CHOICES

RECENT POSTS